暑い夏の中の筋トレ:健康及び安全とトレーニングの両立 | パーソナルトレーナー大田区Tokyo Titan



夏は温度が上がり、筋トレをより辛くし、熱中症など、本来筋トレで配慮する必要のないリスクがあります。今回は健康と安全を保ちながら、効果的なトレーニングを実施するための情報を共有します。


水分の補給

筋トレ中は普段、20分毎に250〜300mlの水分を飲む必要があります。でも、夏の筋トレは普段より汗をかき、より熱中症や脱水症になりやすいです。そのため、夏は普段より水をこまめに飲む必要があります。夏は目安として、15毎に水を250〜300ml飲むことで安全に筋トレができます。


標準セット

気候の向上に伴い、夏は筋トが疲れやすくなり、筋トレ中に回復しにくくなります。特にスーパーセットやサーキットなど、激しい筋トレはできなくなる可能性があります。そのため、夏は標準セットの筋トレを推奨します。標準セットとは、セットを一つずつ行い、各セットで同じパフォーマンスを発揮するために、セットの間に休憩をします。目安としては2分30秒の休憩になりますが、3〜5レップの重い筋トレの場合はは5分まで休憩することがあります。トレーニングの時間が長くなりますが、とても効果的な筋トレをしつつ、安全を保つことができます。


筋トレメニューや筋トレスケジュールの調整

筋トレはもちろん、継続性と一貫性が大事ですが、それよりも安全と健康がより大事です。頑張りすぎて熱中症になってしまうと、回復するために数日がかかり、逆効果になってしまいます。暑い夏の中で筋トレをやってみて、いつもより辛くて耐えられるか分からなかった場合、種目の変更、セット数の調整、そして筋トレを行う時刻や日の変更を考えてください。


パーソナルトレーニングならTokyo Titan

Tokyo Titanでは、国際認定フィットネストレーナー及び栄養士によるマンツーマンレッスンのパーソナルトレーニングを提供しております。完全にカスタマイズされたトレーニングとダイエット指導により、お客様が目指す理想の身体を一緒に作ります。レッスンはオンラインと大田区にある店舗で提供しているため、自分の好きな方法で受講可能です。

なお、トレーナーは英語ネーティブのバイリンガルであり、レッスンは英語でも受講することもできます。一緒にお客様の理想的な体を作りながら、英語をマスターしましょう。


お得なお試しコースもあるので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。


#フィットネス #筋トレ #トレーニング #ボディメイク #ダイエット #ボディビル #フィットネスジム #パーソナルジム #プライベートジム #ホームジム #英語 #英会話 #大田区 #大森西 #大森町 #大森町駅

閲覧数:0回0件のコメント