top of page

ヴェノムスーツスパイダーマンのスーパーヒーロワークアウト:子供と一緒に自宅でヒーローのようなフィットネスを身につけよう!大田区パーソナルトレーナーTokyo Titan


ヴェノムスーツスパイダーマンのスーパーヒーローワークアウトへようこそ。シンビオートの 力と凶暴性を利用し 、内なる闇のウェブスリンガーを解き放ちましょう。では、出動!


ウォーミングアップ

始める前に、筋肉をウォーミングアップしましょう。


スパイダー・クロール

床を壁として使用して 、壁を這うスパイダーマンのように動きます。四つん這いでできるだけ低くなります。かなり低く腰を下ろし、 肘を膝に近づけます。それから這い上がり、下がります。これが一回。10回やってみましょう。


ウェブ・シューター・クロスオーバー

足を肩幅に開いて立って、スパイダーマンのようにウェブを発射します。左右から悪者が迫っています。右手のウェブ・シューターで左側の悪者を撃ち、左手のウェブ・シューターで右側の悪者を撃ちます。これを片側10回やってみましょう。


メイン・ワークアウト

ウォーミングアップ完了!シンビオートの強さと敏捷性を発揮しましょう。


シンビオート・スラム

足を肩幅に開いて立ちます。しゃがんだ姿勢になり、できるだけ高く飛び上がります。降りるときは、滑らかな動きで地面を叩きます。これを10回やってみましょう。


ヴェノム・プッシュアップ

シンビオートの力をすべて解き放ちます。お子様や、大人で上半身の筋力がまだない場合でも、膝からでも大丈夫です。


床の上で腕立て伏せの姿勢をとりましょう。通常の腕立て伏せと同じように下降していきますが、途中で爆発して片手だけで体を支え、もう一方の手で前にパンチします。体を止めて、反対側で繰り返します。これを片側5回ずつやってみましょう。


プロジェクタイル・ランジ

ウェブ・スリンガーを使用して物体を悪者に投げつけます。まず、ウェブ・シューターを使用して、後ろの物体を取り、前方に投げます。そうしながら、左足で前方に突進して戻ります。次に、反対側、左手、右足で繰り返します。


一部の子どもや大人は、 反対側の手と足の協調が非常に難しい場合があります。すぐにできなくても大丈夫です。このワークアウトを数回試して、その協調力を鍛えてください。大事な能力です。


片足ずつ10回ずつやってみましょう。


シンビオート・スクワット・ホールド

シンビオートを完全に受け入れ、獲物を辛抱強く待ちます。しゃがみ込んで保持してみます。このように手を上げてもいいです。また 、脚の筋肉である大腿四頭筋に力を入れ続けてください。そうしないと、負荷が膝にかかってしまい、効果が落ちるだけでなく、膝を怪我する恐れがあります。


これを30秒間やってみましょう。


ヴェノマス・プランク・ツイスト

お子様や、大人で体力がまだない場合は、膝からでも大丈夫です。床にプランクの姿勢をとりましょう。通常のプランクとは少し異なり、手を少しだけ近づけます。片手だけで体を支え、もう一方の手で横にひねり、手を見上げます。一番上まで行って、下に戻り、内側にひねり、側面に触れてから下に戻ります。この動きはゆっくりと行って、筋肉にできるだけ多くの負荷をかけましょう。


これを片側10回ずつやってみましょう。


クールダウン

お疲れ様!さあ、クールダウンして、筋肉をストレッチしましょう。


シンバイオティック・ウェブ・ストレッチ

ウェブの力を使って周囲にシールドを形成します。このようにウェブ・シューターを前方にクロスオーバーさせ、周囲をひねってウェブでシールドを作ります。これを片側10回ずつやってみましょう。


ヴェノム・レッグ・スイング

しっかりしたものをつかみ、脚を持ち上げてこうやって前後に振ります。片足で10回行い、脚を替えます。


ヴェノム・スーツス・パイダーマンのスーパー・ヒーロワークアウト終了!あなたはシンビオートの力を利用し、最強なトレーニングができました。


スーパーヒーローの体型を作りたいなら、Tokyo Titan!

Tokyo Titanは大田区大森西のパーソナルジムを営業している、国際認定ボディメイク専門フィットネストレーナー及び栄養士です。ボディビル手法を活用し、お客様が目指す体型の効果的かつ効率的な作り方を指導します。レッスンは3つの形態で提供しております。

・オンライン

・プラーベートジム(最寄り駅:京急線大森町駅 徒歩4分)

・出張


また、レッスンの受け方は組み合わせることで、お客様の忙しい生活に対応可能です。


尚、トレーナは英語ネイティブの日本語バイリンガルのため、レッスンは英語でも提供しているます。効率よく体と英語力を鍛えたい方はお気軽にご連絡ください。


bottom of page