top of page

ホームジムケーブルグリップの究極ガイドで最大のゲインを目指そう!




Tokyo Titanホームジムボディビルへようこそ。今日は、ホームジムのケーブル用アタッチメントの世界に飛び込みます。ケーブルのよくあるいくつかのアタッチメントの長所と短所を詳しく説明します。

 

 

ハンドル

これらは、ケーブルに欠かせないものです。利点は、さまざまな種目で様々な持ち方ができ、快適で安全に使うことができます。上腕三頭筋プッシュダウンでも、上腕二頭筋カーでも、ハンドルは不可欠です。


それ以外にも、ハンドルを使用すると手の位置を変えることができ、さまざまな角度から筋肉を鍛えることができます。この多用途性により、ホームジムの武器庫に欠かせないアイテムとなり、筋肉に挑戦し続けるための無限の可能性を提供します。


ロープ

ケーブル・クランチやフェイス・プルなどの種目に効果的で、ロープにより可動範囲が広がり、刺激が強くなります。ルーチンに多様性を加え、届きにくい筋肉を鍛えるのに効果的です。


その利点を拡張すると、ロープは動き全体を通して一定の張力を生み出すのに優れています。この一定の張力は筋肉の成長の鍵となるため、ロープはケーブルの器具に加える価値のあるものになります。


バー

バーは、ラットプルダウンやシーテッドロウなどのにいいです。広背筋と中背筋を活性化し、ハンドルとは異なる感触をもたらします。バランスのとれた体型を目指している人には必須です。


バーによるバリエーションが多く、背中や腕のさまざまな部分を鍛えることができます。これにより、筋肉に継続的に挑戦でき、時間の経過とともに筋肉の成長が促進されます。


レッグ・ストラップ

下半身を鍛えるのに便利ですが、独自の課題も伴います。着脱に時間がかかり、ワークアウトの時間が伸びます。レッグ・カールからレッグ・エクステンションなど、前から後ろに切り替えるのは面倒です。正直に言うと、脚にケーブルを使用することは、スクワットやランジなどの従来のフリーウェイト種目ほど効果的ではありません。


欠点をさらに深く掘り下げると、レッグ・ストラップは下半身の筋トレにとって非効率的です。着脱の手間と種目の種類が限られているため、人によってはあまりいいアイテムではないかもしれません。


Vバー

これはラットプルダウンとローイングに効果的です。異なる角度から筋肉を活性化し、ユニークなチャレンジを提供します。ただし、特にここ日本では、かなり高価です。とんでもい金額です。


幸いなことに、ケーブルに 2 つのハンドルを取り付けることで同様の効果が得られ、

メリットを犠牲にすることなく、より予算に優しいです。コストの節約だけでなく、特別な V バーの代わりに 2 つのハンドルを使用することで、ワークアウトに多様性が加わります。様々な手の位置を試して、大金を掛けずにケーブルマシンを最大限に活用することができます。


最後に

以上、一般的なホームジムのケーブル用アタッチメントでした​​。それぞれに独自の長所と短所があり、重要なのは、自分のフィットネスの目標や好みに合うものにすることです。


次回まで、ステイ・ストロング!


bottom of page