top of page

ベンチは購入?検討?または回避?ボディビル用ホームジム筋トレ製品のレビュー | 大田区パーソナルトレーナーTokyo Titan


ホームジムやガレージジム向けの商品も多く、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。東京の真ん中にある小さな家この小さな部屋で、私は筋トレ機器を集めて、最高なホーム ジムを作りました。このシリーズでは、 コスト、有効性、 汎用性、実用性に基づいて購入したすべてのホーム ジム製品をレビューし、どの製品を購入すべきか、どの製品を検討すべきか、どの製品を回避すべきかを教えます。



目次

  • コスト

  • 有効性

  • 汎用性

  • 実用性

  • 判定結果


コスト

私が使っているベンチは12,000円くらいしました。頑丈で、第三者の安全性テストにより、最大750 kg まで耐えられるそうです。耐久性は十分ですね。フラットとアップライトの設定に加えて、3 つの上斜めの設定と

下斜めの設定もあります。


コストについては、このベンチを 2.5 つ星と評価します。


有効性

上半身の種目でベンチを使用すると、 下半身で支える必要がなくなります。これにより 、筋肉により多くの負荷をかけることができ、ボディビルディングに効果的です。例えばダンベルショルダープレス。座った状態で行うことで、、足でバランスを取る必要がなく、より重い重量に耐えることができ、 肩の筋肉の成長が早くなります。ベンチの傾きも調節できるので、さまざまな角度から筋肉に刺激を与えることができ、筋肉の成長促進だけでなく、 各筋肉への負荷を調整できます。


有効性については、このベンチを 5 つ星と評価します。


汎用性

ベンチプレスやダンベル フライ以外にも、ベンチでできる種目がとても多いです。例えば、背中種目のダンベルロウやサポートロウ、肩種目のリバースフライやショルダープレス、腕種目のプリーチャー カールやスカルクラッシャ、自重トレのトライセプスディップやバックエクステンション、リバースクランチ、そして脚やお尻種目のスプリット スクワットやステップアップ、バーベル ヒップ スラストなどができます。


汎用性については、このベンチを 5 つ星と評価します。


実用性

このベンチを折りたたんで縦に収納することで、ベンチを使用しないときは場所を節約できます。そして、重いベンチプレスをしているときに、最悪の事態は、ベンチが壊れてしまうことですが、最大750 kgの耐久性はとても安心です。しかしもちろん、ベンチはダンベルやバーベルなど、一緒に使用できる他の器具がある場合にのみ有効的です。


実用性については、このベンチを 3.5 つ星と評価します。


判定結果

さて、購入すべきか、検討すべきか、それとも回避すべきか?


ベンチは、ホームジム用に検討すべき製品です。


ベンチが あれば、効果的な種目をたくさんできますが、ダンベル、バーベルとパワーラックなどの器具が必要です。ダンベルまたはパワーブロックがあれば、ベンチは強くお勧めしますが、ない場合は買わなくてもいいです。


効果的な筋トレならTokyo Titan!

Tokyo Titanは国際認定ボディビル専門パーソナルレーナー兼栄養士です。ボディビル手法を活用し、一緒に客様が目指す体型を効率よく実現させます。レッスンはオンラインと大田区大森西にあるプライベートジム、二つの方法で提供しており、お客様の希望と生活に合う形で受講して頂けます。尚、トレーナーは英語ネイティブのバイリンガルのため、日本語だけではなく、英語でもレッスンを受講して頂けます。憧れる体を作りながら英会話をマスターしたい人は是非、お気軽にお問合せ下さい。お待ちしております。


bottom of page