プロテインでガン??タンパク質が不健康になってしまう5つの失敗 | 大田区パーソナルトレーナーTokyo Titan



タンパク質。多くの人は、とても健康的だと考えています。体はタンパク質を使って細胞を修復したり、新しい細胞を作ったりします。そしてタンパク質は、脂肪の減少と筋肉作りに役立ちます。


しかし、タンパク質はいいことばかりではありません。高タンパク食は危ないこともあります。高タンパクが悪影響を及ぼす可能性のある5つの状況を見てみましょう。


状況1:過剰摂取

他の物質と同じように、タンパク質も過剰摂取は良くないです。一般人は、推奨される1日あたりのタンパク質摂取量は体重1kgあたり0.8gです。アスリートや運動する人の場合、 パフォーマンス、回復、成長を改善するために体がより多くのタンパク質を必要とするため、推奨される1日あたりのタンパク質摂取量は体重1kgあたり1.8gから2.6g です。


実のところ、一部のアスリートは、マイナスの副作用なしに、体重1kgあたり最大3.5gのタンパク質を毎日摂取します。しかし、体は推奨量を超えてもタンパク質をこれ以上活用することができず、ただ排泄されることになります。したがって、過度に大量のタンパク質を摂取することによるメリットはありません。むしろ、タンパク質の慢性的な過剰摂取は、心血管疾患、血管障害、肝臓と腎臓の損傷、発作、そして死のリスクをもたらします。慌てて食事からすべてのタンパク質を取り除く必要はありません。推奨量の範囲内に収まるようにすれば大丈夫です。


状況2:食事の不耐性

タンパク質は、必要不可欠であるにもかかわらず、体はタンパク質の処理方法に苦労することがよくあります。卵、乳製品、ナッツ、甲殻類などの食物アレルギーは、体がその食物中のタンパク質に特異的に過剰反応することです。明らかなアレルギーがない場合でも、特定のタンパク質源に対して不耐性があると、腸の不快感や消化不良、脱水症、原因不明の倦怠感、吐き気、神経過敏、頭痛、下痢などを引き起こすことがあります。これらの症状は、タンパク質を大量に摂取すると出やすいです。


特定の食品グループのタンパク質に不耐性であることがわかった場合は、タンパク質が多い他の食品グループからタンパク質を摂取してみてください。たとえば、赤身と白身の肉に対して反応することはまれです。そのため、食事でお肉の量を増やすと、気持ち悪くなることがなく、高タンパクの食生活を継続できるかもしれません。


状況3:ガン

体はタンパク質を使って細胞を修復したり、新しい細胞を作ったりします。残念ながら、ガンの細胞も同じです。簡単に言うと、ガンは体内で発生し、複製して体の中で広がろうとする悪い細胞です。高タンパク食はガンの細胞の成長速度を速めます。


状況4:肝臓の損傷

体がタンパク質を筋肉作りに使用できる形に分解すると、アンモニアも生成されます。アンモニアは有毒であるため、肝臓はそれを尿素という老廃物に変換し、尿素を排泄します。健康な人の肝臓は高タンパク食から生成されるアンモニアの量を分解するのに問題はありません。しかし、肝臓病や肝機能の低下の場合、肝臓はすべてのアンモニアを処理することができず、血液中に蓄積します。アンモニアが血液中に蓄積すると、脳の損傷、昏睡、そして死を引き起こす可能性があります。


状況5:腎臓の損傷

アンモニアが肝臓で分解されて尿素に変換された後、尿素は血流に戻されて腎臓で処理され、尿として排泄されます。ただし、腎臓病や腎機能が低下した場合は、血流に尿素が蓄積します。血中の尿素が多くなると、腎臓にさらなる損傷を引き起こし、腎不全を引き起こします。これは、発作、意識喪失、心臓発作などの生命を脅かす症状を引き起こす可能性があります。腎不全は他の臓器にも損傷を与え、肝臓や心不全を引き起こす可能性もあります。


ダイエットの指導はTokyo Titan

Tokyo Titanは国際認定ボディメイク専門パーソナルトレーナー及び栄養士です。ダイエットやトレーニングを指導し、お客様のライフバランスを実現できる痩せ方を教えます。レッスンは大田区大森西にあるプライベートジム及びオンラインで提供しており、お客様の生活に合う形で受講していただけます。

尚、レッスンは英語でも提供しておるため、お客様の体だけではなく、英会話力も同時に鍛えることができます。初心者向けのお得プランも用意しております。ご興味のある方はお問い合わせください。


#フィットネス #筋トレ #トレーニング #ボディメイク #ダイエット #ボディビル #フィットネスジム #パーソナルジム #プライベートジム #ホームジム #英語 #英会話 #大田区 #大森西 #大森町 #大森町駅

閲覧数:0回0件のコメント