top of page

スロークッカー:ホームジム向け以外の最高なボディビル用具 | 体作り専門パーソナルトレーナー兼栄養士Tokyo Titan



3、4年前、私は体を鍛えるための素晴らしいツールを購入しました。ここにあるものですが、実際にはジム用器具ではありません。スロークッカーです。


さて、これはトレーニング用ではないので、違うビデオに切り替えようとしているところかもしれせんが、それは大きな間違いです。これが、私の体づくりに成功した最大の理由の 1 つです。特に減量期の場合、これを使用することで、筋肉を失うことなく脂肪を確実に減らすことが非常に簡単です。減量期は、PFCの管理でも、カロリー管理でも、直感的なダイエットを行っていても、一貫性が大事です。


栄養の一貫性の重要さ

一貫性があると、目標に対する進捗が分かりやすく、必要に応じて量を調整することができます。しかし、毎日同じものを毎回食べたくないですね。精神的に辛く、暴飲暴食をしたり、ダイエットを諦めてしまう可能性が高くなります。当然のことながら、食事をすべて自炊すれば ダイエットに成功しやすいですが、生活が忙しいと、毎日 4 食以上を作ることが現実的ではありません。だから、体を鍛えたいなら、スロークッカーが不可欠です。


スロークッキングの力

スロークッカーを使えば、ほとんど手間をかけずに、高カロリー、低たんぱく質の食事を大量に作ることができます。もちろん具材はお好みで大丈夫ですが、個人的にはたんぱく質として鶏むね肉、低カロリーで満腹感のあるキノコ、そしてソースを入れます。


ソースだけを変えることで、いつも同じ材料を使いながら味を変えることができます。 これにより、同じ食べ物を何度も食べることによる精神的な辛さが大幅に軽減されると同時に、

食べるものを非常に一貫性のあるものにするのにも役立ちます。ソースをいくつか挙げると、ハヤシライスやカレーライスのルーを使えます。また、私はよくコストコからマリナラソースやサルサソース買って使います。


調理デモンストレーション

次に、スロークッカーを使って実際に作った料理を見せながら、その使いやすさを説明します。


鶏むね肉としめじはもちろん、ハヤシライスのルーも使いました。 ルーを使う場合、私は一パックを500ミリの熱湯で溶かします。水量として少ないですが、スロークッカーを使うと、食品から多くの水分が気化しますが出られないので、最終的に全体的な水分が増えます。私は個人的に、濃いめの味付けも好きですが、これが少し濃い場合、熱湯を入れすぎないように、少し増やしても問題ありません。


すべての材料の準備ができたら、スロークッカーに入れ始めます。材料を入れるときは、まずソースの 3 分の 1 、キノコ、次に鶏の胸肉を 2 枚、さらに3 分の 1 を使ってソースでもう 1 層作り、またキノコ、もう 2 つの鶏むね肉を入れ、最後残りの3分の1のソースを上にかけます。


さらに、もう1層作ってより多くの食事ができるようにすることもできますが、スロークッカーの上3分の1は空にしておくことが強くお勧めします。これにより、中身が均等に焼けます。生の鶏肉を避けたいですね。ただし、調理時間を増やすことで補うことができ、一応選択肢としてはあります。


材料をすべて入れたら、蓋をして弱にして、6〜8時間ほっときます。それだけです。簡単でしょう?スロークッカーは「セット・アンド・フォーゲット」という表現がよく言われるほどほど簡単です。


そしてもちろん、ずっと見ておく必要がなく、使い方として、材料を入れてセットし、一日でかけて、家に戻った時に出来上がっている、または寝る直前やっといて、朝起きた時に出来上がっています。


時間がない場合は、強にして時間を短くすることもできますが、時間をかけて低温設定で焼くことを強くお勧めします。何も焦げずに熱がちゃんと通り、むしろその方がお美味しいです。そして忙しくて終了時間に間に合わなくても、数時間超えても問題はありません。


スロークッキングからの食事

出来上がったら容器に移し、玄米や野菜などを加えることができます。これらは栄養価が高く、満腹感があり、カロリーが低いため、特に減量期に役立ちます。また、目標や進捗状況に基づいて、特に玄米の量を調整することができます。そうすることで、準備時間がほとんどかからず、高タンパク質、低カロリーの食事がたくさんできます。


レベル関係なく、痩せたい人でも、 立派な体格を作りたい人でも、 スロークッカーが不可欠です。これは、成功への重要なツールの一つになるでしょう。


Comentários


bottom of page