top of page

【自宅トレ】ゴムバンドとケーブルマシン、ホームジムにはどっちがいい?大田区ボディメイク専門パーソナルトレーナーTokyo Titan



自宅のワークアウトをさらに充実させるために、筋トレの世界に深く入り込んでみましょう:ゴムバンド対ケーブルマシン! この洞察に富んだビデオで、筋肥大と筋肉増強にそれぞれが与える微妙な違いと利点を発見しましょう。


よくある質問:「ホームジム用に DIY ケーブルマシンができたら、ゴムバンドは使い続けるべきか?」これらは両方とも使い方がとてもに似ていていますが、メカニズムと筋肉に活性化する方法が大きく異なります。これらの両方を設置し、筋肉にどのような刺激を与えるかを説明し、それからワークアウトにどのように組み込むべきかを説明します。


ケーブルマシンの準備は完了です。上腕二頭筋カールを行い、筋肉に対してどのように与える刺激が変わるかを説明します。これを取り付けます。


違いを説明するために、まずフリーウェイト、つまりダンベルから説明します。


ダンベルでの筋肉活性

上腕二頭筋カールします。筋肉を動かすと、手で持っている重みも動きます。したがって、上腕二頭筋カールでは、重みを水平より上にするのが最も難しいです。それを乗り越えると少し楽になります。それがフリーウェイトです。重みが固定されずに動くため、「フリーウェイト」と呼ばれています。


それとは対照的に、ケーブルカールがあります。


ケーブルでの筋肉活性

もちろん、上腕二頭筋で同じカール動作を行っていますが、重みは固定軸上で上下のみに移動します。まあ、 少し動き回りますね。しかし、物理的には固定軸となります。つまり、動き全体を通して一定の負荷になります。ここでも、ここでも変わりません。

筋肉には同じ負荷がかかります。それはケーブルマシンであり、ジムにあるすべてのマシンは同じです。


次にゴムバンドを見てみましょう。


ゴムバンドでの筋肉活性

同じバンドカールを行います。同じ動きですが、ケーブルとは異なり、バンドを伸ばすと負荷が増加します。したがって、筋肉を収縮させると、収縮するほど、重量に抵抗するために筋肉に力をもっと入れないといけません。負荷が指数関数的に増加します。


機械的には非常によく似た 3 つの種目ですが、筋肉に加えられる刺激が大きく異なります。

では、これら 3 つの異なる刺激をワークアウトでどのように使用すればよいでしょうか?


活用方法

フリーウェイト種目が筋トレの基礎となります。同時に複数の筋肉を鍛え、全体的な成長に効果的です。アイソレーション種目の場合、ケーブルとバンドの種目も取り入れましょう。DIYケーブル マシンを作るためのものを購入した場合、バンド種目はやめないでください。

筋肉の成長、特に肥大やより大きな筋肉を作るには様々な刺激を与える必要があります。

常に変えるわけではなく、一定期間で行ってからまた変えます。


私個人としては、4週間のルーチンで管理し、アイソレーション種目として、主にケーブル種目とダンベル種目を行い、その次の4週間では主にバンド種目とダンベル種目行います。 これは筋肉に刺激を与え、慣れてきたら刺激を変えるという、最適な方法です。そうすることで、時間をかけて筋肉を成長させ続けることができます。


そしてホームジムを長期間、例えば1〜2週間ほど使えなくなることが分かった場合、

その前のルーチンでバンド種目や自重トレの種目をやめることで、ホームジムにいなくても、筋肉が慣れていない刺激を与えることができます。こうやって3 つの異なる刺激を体系的かつ計画的に取り入れることは、長期的にはより多くの筋肉の成長を達成するのに役立ちます。


Comments


bottom of page