【ホームジム筋トレ】最も効果的な背中トレ種目、Tバーロウ!バーベルランドマインを活用!大田区パーソナルトレーナーTokyo Titan


※同じ内容をテーマにした動画はこちらです。

https://youtu.be/NXCp4FyEQZk


今日は、私のお気に入りのホームジムの背中種目である、Tバー ロウを紹介します。バーベルロウや懸垂など、ほとんどの背中の種目は腕を広い角度に広げて行いす。しかし、Tバーロウは、手を近くにし、いつもと違う角度から背中の筋肉を鍛えます。だからこそ、この種目は効果的です。


T バー ロウを実行するには、まずバーベルが必要です。そして、この種目はバーベルの片側だけにに重みを取り付けるため、反対側を固定する必要があります。これを行うにはいくつかの方法があります。最も簡単な方法は、ランドマインです。私のランドマインはラックに取り付けて固定させます他にも、プレートを床に置いて、 プレートの穴にランドマインを取り付けて、バーベルをランドマインで固定させる種類もあります。


これらのランドマインのいずれかを使用するのが最も簡単な方法ですが、お金がかかります。この種目をはるかに安く行う方法がもう 1 つあります。テニスボールに十字の切り込みを入れることで、ランドマインを作ることができます。


次に、テニスボールをバーベルの片側に取り付け、バーベルのテニスボール側を部屋の隅またはラックの隅に詰め込みます。テニスボールが丸くて柔らかいため、バーベルが壁やラックにスムーズにこすれ、損傷することはありません。低予算で、まだあまり重い重みを使っていない場合は、この方法が最適です。


この種目では、革ベルトの使用をお勧めします。ベルトを使用する場合、体幹から力をベルトに押し出し、その力は体に羽変えます。これにより、ベルトなしよりも少し重い重量を持ち上げることができます。そうすることで、背中の筋肉により多くの負荷をかけることができます。そのため、個人的にはベルトの使用をお勧めします。むしろ、今日私は使います。


選ぶプレートが非常に重要です。重量からではなく、プレートのおきさから選びます。例えば、この20kgのプレートのような大きなプレートを使用すると、バーベルが胸から遠く離れたところで止まり、可動域が狭くなります。そのため、プレートは小さい方が良いです。


バーベルを握るときは、片手を反対の手の真上に置きます。どちらかの手がより利きやすいので、毎回同じ順序で手をバーに置こうとすると思いますが、左右バランスの良い筋肉成長のために、セット間で交互に行うことが大事です。


効果的な筋トレならTokyo Titan!

Tokyo Titanは国際認定ボディメイク専門フィットネストレーナー及び栄養士です。ボディメイク手法を活用し、効率よく客様が目指す体型を一緒に実現します。レッスンはオンラインまたは大田区大森西にあるプライベートジムにて提供しており、お客様のお忙しい生活に合う受講方法を選んで頂けます。尚、トレーナーは英語ネイティブのバイリンガルであるため、レッスンは日本語だけではなく、英語で受講することも可能です。憧れる体を作りながら英会話をマスターしたい人は是非、お問合せ下さい。


#フィットネス #筋トレ #トレーニング #ボディメイク #ダイエット #ボディビル #フィットネスジム #パーソナルジム #プライベートジム #ホームジム #英語 #英会話 #大田区 #大森西 #大森町 #大森町駅

閲覧数:0回0件のコメント