top of page

「この5つ」をやめよう!旅行からのダイエットリバウンドを避けるための5ポイント!大田区パーソナルTokyo Titan



これは多くの人に起こることです。ダイエットは順調に進み、きちんとトレーニングしている中、これが起こります。旅行に行く時が来ました。多くの人にとって、特に頑張って痩せてきた場合、旅行が不安になりやすいです。


私は家族との旅行から帰ってきたばかりなので、その気持ちがよくわかります。コロナ禍以来、これは私たちの初めての旅行でした。4歳の息子がスーパーマリオが大好きなので、ユニバーサルスタジオジャパンのスーパーニンテンドーワールドに連れて行く約束をしました。


もちろん、旅行中、特に遊園地では、通常食べられないおやつや食べ物がたくさんあります。諦めて、普段食べれないものを山ほど食べるか、 それとも、ダイエットを継続し 、旅行の楽しみを犠牲にするか、 非常に難しい決断に直面しますね。トレーニングも同じですね。旅行のスケジュールを調整し、トレーニングを継続するか、それとも、トレーニングをやめるか?


そこで今日、 フィットネスの目標に影響を与えずに、旅行を最大限に楽しむための 5 つのポイントを紹介します。



目次

ポイント1:旅行中にダイエットを中止しよう

ポイント2:すべての食べ物には価値がある

ポイント3:トレーニングしなくても大丈夫

ポイント4:旅行から帰った時、いつもより制限しない

ポイント5:旅行を楽しむこと


ポイント 1: 旅行中にダイエットを中止しよう

これは、旅行での一番大きな間違いです。旅行前、痩せるために摂取カロリーを減らし、

旅行中でも低カロリーダイエットを継続すること。旅行中の食事の大半は外食になるでしょう。そして、外食すると、低カロリーで栄養の高い食べ物を食べるのは非常に難しいです。旅行中にダイエットをすると、食べたくても食べれないものにたくさん直面します。更に、あなた自身と同行者にとってストレスになります。旅行前に、ダイエットをしている場合、「維持カロリー」まで増やしてください。


「維持カロリー」とは、体重を増減することなく、体重を維持するのに十分なカロリーです。カロリーや主要栄養を計算している場合、とても簡単ですが、計算をしていないなく、直感で管理している場合、主に野菜とタンパク質を多く含む料理を選び、適切な量を食べましょう。そんな方にオススメなのが 、腹八分目という、日本の鉄則です 。


ポイント2:すべての食べ物には価値がある

ダイエットをして痩せたい場合、繊維、タンパク質、栄養が豊富な食事は価値が高いです。美味しければ尚更。ケーキなど、味以外の付加価値のないものは、フィットネス目標を達成するのに影響してしまうため、価値が低くなります。


しかし、旅行で普段行かない場所に行き、普段食べられない食べ物があります。 たとえば遊園地にあるテーマレストランのケーキ。自分と家族が好きなキャラクターをテーマにしたケーキを一緒食べます。価値が高くなりますね。いつも食物の価値について考えましょう。旅行はもちろんですが、日常生活でも、これはとても大事です。

「この食べ物はフィットネス目標に一致していますか?」

「気分が良くなるのは短時間、それとも長時間ですか?」


このケーキの例と同じく、その価値は停滞するものではありません。状況に応じて変化します。したがって、日常生活でダイエットをし、あなたのフィットネス目標に影響する食べ物をどうしても食べたい場合、いい選択肢じゃないですね。しかし、旅行の場合、あなたのフィットネス目標と一致しない食べ物であっても、家族との素晴らしい思い出になるのであれば、どうぞ、食べてください。


ポイント3:トレーニングしなくても大丈夫

旅行中、スケジュールが厳しく、トレーニングすることが難しい場合が多いです。そして、旅行でのトレーニングには、効果的な筋トレができる施設を見つけるという難しい課題があります。もちろん、筋ト内容を変えることもできますが、家族や友人と一緒に旅行している場合、ほとんどの場合はトレーニングをしないことをお勧めします。スケジュールに大きな影響を与え、 自分と同行者にとってストレスになる可能性があります。そして、 たくさん歩いたり動いたりする場合が多く、 普通に筋トレもする場合、より多くの回復が必要になります。やりすぎてしまう可能性があります。


約 1 週間以下の旅行の場合、トレーニングスケジュールを調整し、 家に帰った時にトレーニング中断したところから再開しましょう。このように短期間トレーニングを休んでも影響はありません。筋肉が落ち始めるには6週間かかります。


旅行が1 ~ 2 週間の場合、普段より簡単で、血流を促進するトレーニングがお勧めです。確かに、この 2 週間だけで筋肉は落ちませんが、中枢神経系の変化が戻り始まります。これにより、種目により、耐えられる重量が少し低下する可能性があります。しかし、いつもより短くて簡単なトレーニングをすることで、中枢神経系の変化を維持できます。


ポイント4:旅行から帰った時、いつもより制限しない

これもよくある間違いです。旅行に行き、たくさん楽しみ、 家に帰って体重を測るとガーン!体重が増えた!多くの人は、 体重が増えたことに対してパニックになり、ハイパーモードになり、旅行に行く前よりもさらに厳しいダイエットをし、カロリーをもっと燃焼させようとし、有酸素運動をたくさん行います。これはいいアイデアに聞こえるかもしれませんが、 非常に悪いです。


ほとんどの場合、旅行での体重増加は脂肪ではありません。旅行中は、おそらく旅行前より多くの食べ物を食べたので、体重増加の多くは食べ物になります。そしておそらく、普段より炭水化物の割合が多いです。旅行中、 野菜やタンパク質が多く、低カロリーの料理を

食べることが非常に難しいです。そのため、食事摂取量は炭水化物の割合が大幅に増加します。


炭水化物 1 グラムあたり、1 グラムの水を吸収します。結果、食べる量が増えると体重が増えるだけでなく、その食べ物が吸収する水分も体重を増やします。旅行後、通常のダイエットに戻り、通常のトレーニングに戻ると、その体重の増えた分のすべてではないにしても、

そのほとんどがなくなります。


しかし、カロリーをいつもより厳しくし、カロリー を燃焼させるためにさらに多くの有酸素運動を行うと、維持が非常に難しいライフスタイルになり、最終的には失敗します。そして失敗すると、一時的にあきらめて、普段食べないものをたくさん食べてしまいます。そして、また体重が増えたことに対してパニックをし、さらにカロリーを制限してしまいます。


この制限して、あきらめて、食べすぎて、また制限するというこ循環を繰り返すことから、 2 つの悪影響があります。1つ目は、代謝が低下することです。結果、痩せるすためには、本来より低い摂取カロリーが必要になります。2 つ目は、 過食するときに、体が食べ物からのエネルギーを蓄えようとし、 脂肪を蓄える細胞を増やします。そして、この細胞は一度作ったら、破壊することはできません。したがって、このカロリー制限、 むちゃ食い、カロリー制限、むちゃ食いの循環により、長期的には脂肪がつくだけでなく、その脂肪を落とせなくなります。


怖いと思いますが、避けるのはとても簡単です。旅行から帰った時、最初の 1 週間は体重を無視してください。通常のダイエットと通常のトレーニングに戻ればいいです。


ポイント5:旅行を楽しむこと

これは最も大事です。旅行に行くことが少ないです。そして、旅行は普段行けない場所に行ったり、普段食べれないものやできないことを楽しんだりする機会です。なんでもかんでも食べずに、自分自身や同行者にストレスを与えることもなく、一生残る思い出を家族や友人と作ってください。


楽に痩せたいならTokyo Titan

Tokyo Titanはボディビル専門フィットネストレーナー兼栄養士であり、楽に痩せてお客様が目指すボディーを作り上げることに特化しています。レッスンは大田区にある、京浜急行線の大森町駅から徒歩4分のプライベートジム及びオンラインで提供しています。尚、レッスンはネイティブ英語でも受講可能なため、効率的に体と英会話力を鍛えることができます。憧れる体を作りながら英語をマスターしたい人はお気軽にお問い合わせ下さい。




Comments


bottom of page